1. 口に入れる前に「フリーウォーター」陰極水に浸して食材の洗浄を行いましょう。
2. 食品添加物を使った食品は避けましょう。(市販の魚肉練り製品、菓子、漬物など)
3. 動物性の食材を減らしましょう。
(肉類は代謝の過程で毒性の強いアンモニアを作り出し、その解毒のために肝臓、腎臓に多大な負担をかけます)
4. 繊維質をたくさん摂り、腸の調子を整え、便通を良くしましょう。
5. 調理には下準備から調味料まで、「フリーウォーター」陰極水をふんだんに使いましょう。

トマト中 2コ〜3コ
とうがん 8分の1

コショウ

陰極水適宜

 
とうがんは種を取って皮をむき、1、5センチの角切りにする。

トマトは皮をむき、種ごと大き目の角切りにする。

沸騰した陰極水にとうがんを入れ、半透明になるまで中火で煮る。
トマトを入れ、10分ほど煮てから酒、塩、こしょうで味付けする。
 
* どんな料理にも合う、トマトの酸味が胃にやさしいスープです。酒を入れるのはトマトの青臭さを消すため。その日の料理に合わせて白ワインや紹興酒でも。

 

 

 

 

 

 

トリもも肉 1枚
卵 2コ

コショウ
小麦粉 小さじ2
サラダオイル 大さじ1.5
ほうれん草
バター
陰極水適宜

 
ほうれん草(つけあわせ)は陰極水でゆで、浄水につけておく。

トリモモ肉は陰極水で洗い5分間陰極水に浸す。水気をきり、8枚にそぎ切りし、薄く塩コショウをふり、小麦粉をまぶす。

卵をよく溶いて薄く塩、コショウで味付けし、2のモモ肉を入れておく。
フライパンにサラダオイル大さじ1.5を熱し、溶き卵のからまった鶏肉を入れ、中火できつね色に焦げ目をつける。
4を裏返し、残りの卵を流しいれる。ふたをして火を弱め、4〜5分蒸し焼きにする。
1のほうれん草は軽く絞り、4センチ長さに切る。鶏肉を取り出したフライパンにバター大さじ1を溶かしソテーし、チキンピカタに付け合せる。
 
* ほうれん草はアクがあるので陰極水でゆでます。さらす水は、陰極水だとうまみまで抜けてしまうので浄水でさらしてください。

かつお(皮なしのさくどり)350g〜400g
新玉ねぎ 1コ
みょうが 2本
しょうが 1かけ
サラダ菜 3〜4枚
細ねぎ 2〜3本
ドレッシング(レモン汁大さじ2 オリーブオイル大さじ2 しょうゆ大さじ1 塩コショウ少々)
陰極水適宜

 
かつおは陰極水に5分ほど浸し、水気を拭いてから陽極水に3分浸す。ペーパータオルで水気をとる。

玉ねぎは薄切り、しょうが、みょうがは千切り、細ねぎは小口切りにする。

かつおはそぎ切りにし、レモン汁、オリーブオイル、しょうゆのドレッシングに浸ける。
サラダ菜、玉ねぎの半分を敷いた皿に3のかつおをのせ、残りの玉ねぎとみょうが、しょうが、細ねぎを上に盛る。あまったドレッシングをかけ、冷蔵庫で味がなじむまでおく。
 
* 魚、肉は陰極水で下処理をするとくさみが抜け、うまみが増します。陽極水に浸けるのは身をひきしめるため
* 刺身用の魚なら、なんでも応用できます。画像の魚はかんぱちです。

豚薄切り肉 250g
ナス 6本
グリーンアスパラ 100g
種を抜いた赤唐辛子 2本
サラダオイル 大さじ2
酒 大さじ2
砂糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ3
陰極水2カップ

 
ナスはガクを除いて縦半分に切り、斜めの細かい切り目を入れる。陰極水に浸し、アク抜きをする。

グリーンアスパラは根に近い硬い部分を切り落とし半分に切る。豚肉は半分に切る。

平鍋にサラダオイルを熱し、水気を拭いた1のナスを入れ、全体に油が回るまで炒め、取り出す。同じ鍋に豚肉を入れ、炒める。陰極水、赤唐辛子を加え煮たったらあくを取る。
ナスを戻しいれ、グリーンアスパラ、酒、砂糖を加え10分ほど落しぶたをして煮る。
しょうゆを加え、煮汁が3分の1くらいになるまで煮る。
 
ページ上部へ戻る